インスタント書感

「1記事3分間(最長1800字)で読める」をコンセプトに、主に読書感想を垂れ流すブログ

蜘蛛の糸・地獄変

 

改編 蜘蛛の糸・地獄変 (角川文庫)

改編 蜘蛛の糸・地獄変 (角川文庫)

 

 評価:★★★★☆

 

手に取ったきっかけ

なんとなく芥川龍之介が読みたくなり。新潮文庫の「羅生門・鼻」は学生のときに読んだ……ような気がするのですが、手元にないので定かではありません。

続きを読む

白い巨塔

 

白い巨塔〈第1巻〉 (新潮文庫)

白い巨塔〈第1巻〉 (新潮文庫)

 

評価:★★★★☆

 

手に取ったきっかけ

テレビドラマ版(2003年)→原作小説→テレビドラマ版(1978年)の順。

以下、テレビドラマ版(2003年)を唐沢版、テレビドラマ版(1978年)を田宮版と記述します。

続きを読む

はじめに

日本人の1分間に読める文字数の平均は400~600字。
インスタントラーメンにお湯を注いでから食べられるまでの3分間で読めるような、1記事につき最長1800字の読書感想(ときどき映像作品含む)を書いていきます。

 

本に触れることで自分が無知であることに向き合い、知らないことを知る努力をしようと思います。ゆえに、知っていて当たり前のことを記事に書くかもしれませんが、お目こぼしいただけますと幸いです。